「の」の字日記

アクセスカウンタ

zoom RSS (クローバー)ストレートは涙の花嫁人形 <星子ひとり旅シリーズ>

<<   作成日時 : 2007/03/02 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

行き先  自由が丘→奈良

登場人物  流 星子 美空宙太 三日月マサル 伊集院春之介 十文字右京
      堂本亜利沙 新井リツコ 東ゲンジロウ 美空宗太郎 八千草百合子  
      美空雅子


初版 1990年4月30日


あらすじ
  大はりきりでいい男探しの旅に出ようとした星子の所へ、緊急事態発生!のTEL
  リツコの話では「宙太が結婚して奥さんと2人自由が丘であま〜い結婚生活を
  送っている」らしい。早速真相をつかむべく宙太の新婚家庭に潜入した星子だったが・・・



星子シリーズ20作目です

20作目という節目の作品でビックなゲストが登場します。

それは・・・

「美空 宗太郎」さん です

苗字を見てお分かりかと思いますが、宙太さんのお父さんです。


この宗太郎さんですが、パリで内妻の「八千草百合子」さんと
一緒に美術商を営んでいます。

日本に来た目的は

1.古美術品の買い付け
2.星子さんと宙太さんとを何が何でも結婚させる
3.宙太さんの母と離婚をする

だそうです。
この中でも最大の目的は
「3.宙太さんの母と離婚をする」って事でしょうか?

何せこの離婚のために訴訟を起こしました。
その離婚訴訟の担当は「右京さん

どうやら右京さんは凄腕の弁護士のようです。
だてにマントを羽織っていませんよ(謎)



そして忘れてはいけない目的がもう一つ!

星子さんと宙太さんを結婚させる!!

この二人はフィアンセ同士。
(ちょっと忘れていましたが・・・)

フィアンセにする事を決めたのは、

宙太が中学3年生、星子が小学5年生の時!!
しかも、実際に星子に会った事は無く、小学5年生の写真を見ただけ・・・


宗太郎さん曰く
「男気あふれる父と美人で心が温かい母の間に生まれた、
星子は気立てが良くてしっかりしたお嬢さんだろうと思って、
ぜひ、宙太の嫁にくれと頼んだ。」だってさ。

これには星子もびっくり!宙太も呆れていました
そりゃーコーヒーをこぼしそうになるわな。星子さん。
私はお茶を噴出しそうになりましたよ(笑)


あっ、そう言えば・・・
宙太さんが中学3年生・・・と言う事は、
サユリさん(後の作品に登場)に惚れこんでいた頃では??


・・・深く考えるのは、やめようっと

そうそう、大切な事を忘れていました。

この作品のラストシーンで星子さんは
「恋多き星子さんにサヨナラする」と宣言し、
ひとりひっそりと、みんなの前から姿を消してしまいます・・・
宙太さんだけは旅立ちを見送ったのですが・・・
(柱の陰から見ていないで、止めようよ宙太さん・・・)

何だか作品が終わっちゃいそうなラストシーンですよね・・・
この先どうなるんでしょう??



追記>この作品で宙太の母の名前が「雅子」さんだと判明しました!
   あ〜すっきりした




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この本を読んで、宙太さんてば星子さんの等身大パネルを生活なんて・・と今後の宙太さんを心配してしまいました。
あっありえん・・星子さんに相談しようよと当時突っ込みを入れてました。(*^_^*)
みかん
2007/03/24 16:08
みかんさん、コメントありがとうございます♪

星子さんの等身大パネルすごいですよね!
パネルは硬いから、抱き枕にすればよかったのに〜
((゚Д゚≡゚д゚)エッ!?違うって!!)
確かに断られるのを覚悟しながら、星子さんに相談した方が良いかも知れませんよね〜
うずまき
2007/03/24 23:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(クローバー)ストレートは涙の花嫁人形 <星子ひとり旅シリーズ> 「の」の字日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる